お役立ち情報

不動産登記

  • 判決による登記とは??

    不動産登記

    判決による登記とは?   仮にAさんとBさんで不動産を売買したとしましょう。 Aさんが売主、Bさんが買主です。 Bさんは売買代金を支払いました。 そこで、Bさんは不動産の名義を自分の名義にする登記をしたいのですが、Aさんが手続きに協力をしてくれません…

    続きを読む

  • 不動産登記法改正について(登記権利者の単独申請)

    不動産登記相続の基礎知識

    改正法成立へ 所有者不明土地問題の解消に向けた民法や不動産登記法の改正法などが21日、参院本会議の全会一致で可決され、成立しました。 (令和3年4月28日公布) 以前の記事では、相続登記と住所変更登記の義務化を主題に、不動産登記法の改正点をまとめました。今回は…

    続きを読む

  • 相続登記など義務化へ、改正法成立

    不動産登記相続の基礎知識

    改正法成立 所有者不明土地問題の解消に向けた民法や不動産登記法の改正法などが21日、参院本会議の全会一致で可決され、成立しました。 (本日令和3年4月28日公布) これまでも改正法案についてとりあげてきましたが、あらためて不動産登記法を中心に、改正後のポイント…

    続きを読む

  • 所有権更正登記後の登記識別情報の通知

    不動産登記

    不動産の権利の登記において、その登記をすることによって申請人が自ら登記名義人となる場合には、その登記によって登記名義人となった申請人に対し、登記識別情報が通知されます(不動産登記法第21条)。   不動産登記法第21条(登記識別情報の通知) 登記官は…

    続きを読む

  • 共用根抵当権の債務者の相続について

    不動産登記相続の基礎知識

    本日は、根抵当権の登記実務について、例をあげて考えてみます。 【例】AとBが債務者である根抵当権(元本確定前)について、Aに相続が開始し、6カ月を渡過した。Aの法定相続人はBとCであるが、そのうちBがすべての債務を承継する。 根抵当権設定 原因 年月日設定 極…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP