家族信託

家族信託について

家族信託とは、財産を残す方、残される方、双方にとって安心することができる財産管理の方法のひとつです。
資産を持つ方が、信頼できる家族に資産の管理や処分を任せることを指します。
生涯を懸けて築き上げてきた資産を信頼できる家族に託すことによって、安心して過ごすことができます。また、資産の管理は、家族が行うことから、資産管理にかかる余計な費用も必要としないのもポイントです。
したがって、家族信託は莫大な資産家のための仕組みではなく、誰でも気軽に行うことができる仕組みなのです。

家族信託が注目される
3つのポイント

家族信託は、相続トラブルを回避するために、非常に有効な方法です。元気なうちに行っておくことをおすすめしています。

認知症の備えができる

認知症になるリスク対策や、判断能力が低下する前の対策、障がいを持った方が家族にいる場合などの財産管理の備えができます。

相続紛争対策に有用

相続が争続になってしまうケースは非常に多いため、相続トラブルを回避するためにも、事前の家族信託をおすすめしています。

相続税・継承対策

相続税や継承対策としても家族信託は有効です。対策をとらずに相続が発生してしまうと、相続税の対象にもなりかねないことから、事前の対策が必要といえます。

家族信託のイメージ

財産を託します。
私の為に管理・運用をしてください

委託者
(財産を託す人)

家族信託の契約
財産を預ける

財産を預かります。
売却や運用は責任を持って行います

受託者
(財産を託される人)
不動産・金銭などの
財産の管理・運用

利益を渡す

売却や運用で得た
利益をもらいます

受益者
(財産の利益を得る人)

セルフチェック

  • 分割することが困難な資産がある
  • 子供の中でも、貢献度が異なる
  • 家族名義の預貯金がある
  • 子供の中でも、教育費などに差がある
  • 特定の相続人に、相続させる資産を集中させたい
  • お金の管理は配偶者や子供に任せてしまっている
  • 相続の相談を今まで誰にもしてこなかった
  • 自分自身の判断能力が低下している気がする
  • 相続人が不仲
  • 会社経営をしていて、株式を保有している

1つでもチェックがついた方は、ぜひお問い合わせください!

TEL無料相談アクセスPAGE TOP