お役立ち情報

不動産登記

  • 相続登記サポートについて

    不動産登記相続の基礎知識相続登記義務化

    “相続登記サポート” (不動産の相続・名義変更)とは  手続き費用がどのくらいかかるのか、という点は、いざ相続登記を司法書士に対して依頼しようとお考えになる皆様が不安に思われるところではないでしょうか。 不動産を相続するには、前提として、戸籍の収集や遺産の調査…

    続きを読む

  • 令和4年10月1日より、登記情報提供制度の利用時間が変わります。

    不動産登記会社設立・商業登記動産・債権譲渡家族信託相続の基礎知識

    1 登記情報提供制度とは? 登記情報提供制度は、法務省が運営している国のオンラインサービスです。 登記情報は、不動産・商業などの登記内容をインターネットで見ることができます。 そのため、法務局でわざわざ謄本を取りに行かなくても最新の登記内容を確認できますので、…

    続きを読む

  • 昭和57年1月1日以降の新築年月日であれば耐震適合証明がなくても住宅用取得証明書の取得が可能に

    不動産登記

    本日、令和4年4月1日より、所得税法改正に伴う租税特別措置法施行令の一部改正が施行され、新築年月日が昭和57年1月1日以降の建物を住宅用で(売買または競売により)取得する場合、所得税の住宅ローン減税や登録免許税の減税措置を受けるために必要な住宅用家屋証明書の請…

    続きを読む

  • 相続登記の免税措置について(令和4年度税制改正版)

    不動産登記相続の基礎知識相続登記義務化

    ※本記事は令和4年2月時点での情報です。 この4月から適用となる令和4年度の税制改正大綱において、相続登記の免税措置が延長され、適用範囲が拡大されました。 以下簡単にご紹介します。 免税措置の延長・適用範囲拡大 相続登記の登録免許税は、不動産の評価額(その年度…

    続きを読む

  • 成年年齢の引き下げについて

    不動産登記相続の基礎知識

    令和4年4月1日から、成人となる年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられます。現在18歳、19歳の方は、この4月1日に新成人となり、平成16年4月2日以降に生まれた方は、18歳の誕生日を迎えた日から成人に達することになります。 一方、女性が結婚できる最低年齢…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP