お役立ち情報

すべての投稿

  • 成年年齢の引き下げについて

    不動産登記相続の基礎知識

    令和4年4月1日から、成人となる年齢が現在の20歳から18歳に引き下げられます。現在18歳、19歳の方は、この4月1日に新成人となり、平成16年4月2日以降に生まれた方は、18歳の誕生日を迎えた日から成人に達することになります。 一方、女性が結婚できる最低年齢…

    続きを読む

  • 令和6年4月1日から登記の制度が変わります。

    不動産登記相続の基礎知識相続登記義務化

    令和6年4月1日から不動産の登記の制度が大きく変わります。 相続登記が義務化され、怠った場合は過料が科されることになりました。   相続登記の義務化(令和6年4月1日から施行) 登記の義務化と過料 相続により不動産を取得した場合、(その事実を知ってか…

    続きを読む

  • 定款認証手数料が変わります。

    会社設立・商業登記

    令和4年1月1日より、株式会社設立に際して行う公証人の定款認証の手数料が変わります。 現在、公証人の定款認証の手数料は、一律で5万円(公証人手数料令第35条)です。 これにあわせて、認証済み定款の謄本の交付手数料がかかります(定款のページ数により決まります)。…

    続きを読む

  • 相続登記の免税措置について

    不動産登記相続の基礎知識相続登記義務化

    ※本記事は令和3年12月時点での情報です。 相続登記の促進のため、登録免許税(登記税)について、期間限定の免税措置が設けられているのをご存知でしょうか。 相続登記の登録免許税は、不動産の評価額(その年度の固定資産評価額)に対し、0.4%と定められていますが、一…

    続きを読む

  • フィリピンの会社の住所証明・代表者資格証明の方法

    不動産登記

    フィリピンの会社が日本の不動産を購入し、登記を受けるために必要な書類について取り上げます。 日本の会社・法人が不動産登記を受けるには、 会社法人等番号がある会社・法人の場合は、会社法人等番号 会社法人等番号がない法人の場合、会社法人等番号を提供しない場合には、…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP