お役立ち情報

すべての投稿

  • 事前通知制度について~権利書をなくしたとき~

    不動産登記

    ご相談者様からご相談を受けました。 『自宅の住宅ローンの担保はもう消せないでしょうか…?』 『近日、自宅を売却するために、担保をどうしても消さないといけないのに…。』 そのお客様は、以前に住宅ローンを完済し、銀行から担保を消すための書類を受領しました。 しかし…

    続きを読む

  • 支配人選任の登記と支店の登記の関係

    会社設立・商業登記

    支配人とは、特定の営業所(本店または支店)の事業について裁判上・裁判外の一切の行為を会社を代わって行う権限を有します(会社法11条)。 つまり、特定の営業所の事業の範囲内で、代表取締役と同等の権限を有しています。   規模の大きな会社の場合、各地の支…

    続きを読む

  • 取締役会設置会社と取締役会のない会社

    会社設立・商業登記

    現在、株式会社には取締役会を設置している会社と取締役会のない会社があります。 取締役会を設置する会社には、最低3名以上の取締役を、原則として1名以上の監査役を置く必要があります。そして、必ず取締役会で代表取締役を選任しなければなりません。 (非公開会社で会計参…

    続きを読む

  • 代表取締役が辞任する場合の辞任届の印鑑について

    会社設立・商業登記

    任期途中で従前の代表取締役が辞任し、辞任届など辞任を証する書面には、当該代表取締役の記名・押印が必要です。 (厳密にいえば、代表取締役には任期がありません。取締役の任期満了に伴い代表取締役の資格を喪失することになります) この場合、法務局に印鑑を登録している代…

    続きを読む

  • 未成年者による不動産取引と登記申請

    不動産登記

    民法上、未成年者は制限行為能力者として、単独で有効に契約を締結することができません。 つまり、未成年者が不動産の売買契約を締結するには、法定代理人(通常は親権者)が何かしらの方法で契約に関与する必要があります。 法定代理人が関与する方法としては、次の2つがあり…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP