お役立ち情報

すべての投稿

  • 【不動産登記】DV等被害者の住所と登記の諸問題①(被害者が所有権移転登記の義務者になるケース)

    不動産登記

    不動産登記制度においては、不動産の権利関係を公示するため、何人でもその情報を得ることができるとされています。具体的には、たとえば登記事項全部証明書(いわゆる登記簿)には、その不動産の所有者の住所と氏名が記載されるというルールですが、この登記事項全部証明書は、各…

    続きを読む

  • 取扱店の登記記録について

    不動産登記

    「登記研究第866号 P249」において 『信用金庫・信用組合・信用保証協会(以下「信用金庫等」という。)を抵当権(根抵当権を含む。以下同じ。)者とする抵当権の設定の登記の申請書に当該信用金庫等の取扱店を記載して申請があった場合,登記記録に信用金庫等の取扱店を…

    続きを読む

  • 税の特例がある贈与「夫婦間の贈与」

    相続の基礎知識

    生前贈与を活用した節税対策には、110万円の基礎控除を利用することのほかに、配偶者控除という方法があります。 配偶者控除により2,000万円まで控除できます。 条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であることと、居住用不動産または、居住用不動産を取得する…

    続きを読む

  • 税の特例がある贈与「住宅資金取得の特例」

    相続の基礎知識

    住宅取得資金の特例とは、親などから家を建てる目的の資金を贈与してもらった場合、贈与税が軽減されるというものです。 550万円までの贈与で、住宅取得資金であれば税金がかからないということになります。

    続きを読む

  • 税の特例がある贈与「相続時精算課税」

    相続の基礎知識

    相続時精算課税とは、65歳以上の両親から20歳以上の子への贈与については、2500万円まで贈与税がかからなくなる、というものです。 相続時精算課税を選択した贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計金額から2,500…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP