お役立ち情報

すべての投稿

  • 遺言執行者の復任権

    相続の基礎知識

    遺言執行者とは、遺言を書かれた故人の方の意思(遺言の内容)を実現する役目を担います。 遺言執行者になれない方は、未成年者・破産者のみに限られており(民法1009条)、 未成年者、破産者ではない個人であれば、どなたでも遺言執行者に指定できます。(余談ですが、法人…

    続きを読む

  • 仮登記の抹消について

    不動産登記

    仮登記とは、何らかの理由で登記のための要件を満たせないときに、将来の登記の順位等を保全するためにする登記です。たとえば、売買による所有権移転の登記をするにあたり、農地法の許可が下りない場合に仮登記を活用したり、死因贈与の登記について所有者の死亡を始期として仮登…

    続きを読む

  • 地上権及び所有権を目的とする共同根抵当権設定について

    不動産登記

    今回のお役立ち情報は、最近で言えば太陽光発電(売電事業)のご融資時の担保設定で散見します。   事例は下記の通りです。   概 要:Aが所有する甲不動産と、Aが地上権を有する乙不動産がある。     甲乙各不動産を、株式会社X銀行のために、…

    続きを読む

  • 相続登記義務化へ②

    不動産登記相続の基礎知識

    先週ご紹介した通り、令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。 改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記を義務化し、正当な理由なく過怠した場合は…

    続きを読む

  • 相続登記義務化へ①

    不動産登記相続の基礎知識

    不動産の相続や登記のルールが大きく変わろうとしています。 令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。 改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記を…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP