お役立ち情報

すべての投稿

  • 相続分の譲渡について

    相続の基礎知識

    相続を原因とする権利の移転登記(相続登記)について、 法定相続分と異なる割合で登記をする方法の一つに、相続分の譲渡があります。※民法905条1項参照 この方法による登記はどのようにすればよいか、以下の事例を通して解説していきます。   (X名義の甲土…

    続きを読む

  • 共有不動産の持分の行方(相続人不存在のケース)

    不動産登記

    不動産の共有者に相続人が存在しない場合の共有持分の行方について 例を挙げて説明します。 ある不動産について、以下のように共有状態であるとします。 持分2分の1 A 持分2分の1 B このうちBが亡くなって、相続人が誰一人いないとします(法定相続人が初めから存在…

    続きを読む

  • 【相続の基礎知識】「法定相続情報証明制度」について

    相続の基礎知識

    「法定相続情報証明制度」とは、法定相続人が誰であるのかを一覧図にし、登記官に認証してもらう制度です(平成29年5月29日開始)。申出人(相続人)は、相続関係を証明する戸籍等と、相続関係を一覧にした図を法務局(登記所)に提出し、登記官はその内容を確認したうえで、…

    続きを読む

  • 相続の登記原因について~『推定死亡年月日』ケース

    不動産登記

    登記を申請する場合に、申請情報の内容として、登記の原因及びその日付を提供しなければいけません。 (不動産登記法18条 不動産登記令第3条第6号) 登記原因の日付は、登記の原因となる事実又は法律行為の成立又は発生した日となります。 相続でいえば、登記名義人である…

    続きを読む

  • 【不動産登記】DV等被害者の住所と登記の諸問題②(被害者が所有権移転登記の権利者になるケース)

    不動産登記

    ※DV等被害者の住所と登記の問題については、まず第一回の記事をご覧ください。 第二回は、被害者が所有権移転登記の権利者になるケースについてご紹介します。 (例)DVにより離婚した元妻が、元夫名義の不動産について財産分与をうける場合 被害者が実家の不動産を相続す…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP