お役立ち情報

相続の基礎知識

  • 共用根抵当権の債務者の相続について

    不動産登記相続の基礎知識

    本日は、根抵当権の登記実務について、例をあげて考えてみます。 【例】AとBが債務者である根抵当権(元本確定前)について、Aに相続が開始し、6カ月を渡過した。Aの法定相続人はBとCであるが、そのうちBがすべての債務を承継する。 根抵当権設定 原因 年月日設定 極…

    続きを読む

  • 相続登記義務化へ③

    不動産登記相続の基礎知識

    相続登記義務化へ、閣議決定 相続登記義務化への動きが着実に進んでいます。 令和3年3月5日、以前の記事(その①、その②)で紹介した改正法案が閣議決定されました。政府は今国会中の成立を目指すとしています。 改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、…

    続きを読む

  • 遺言執行者の復任権

    相続の基礎知識

    遺言執行者とは、遺言を書かれた故人の方の意思(遺言の内容)を実現する役目を担います。 遺言執行者になれない方は、未成年者・破産者のみに限られており(民法1009条)、 未成年者、破産者ではない個人であれば、どなたでも遺言執行者に指定できます。(余談ですが、法人…

    続きを読む

  • 相続登記義務化へ②

    不動産登記相続の基礎知識

    先週ご紹介した通り、令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。 改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記を義務化し、正当な理由なく過怠した場合は…

    続きを読む

  • 相続登記義務化へ①

    不動産登記相続の基礎知識

    不動産の相続や登記のルールが大きく変わろうとしています。 令和3年2月10日、法制審議会は、相続登記や住所・氏名変更の登記を義務付ける法改正案を法相に答申しました。 改正案では、相続による不動産の取得を知ってから3年以内、住所や氏名の変更からは2年以内の登記を…

    続きを読む

TEL無料相談アクセスPAGE TOP