お役立ち情報

生命保険契約照会制度について

※本記事末尾に一般社団法人生命保険協会のHPへのリンクを掲載しております。どうぞご参考にしてください。

 

1⃣ 生命保険契約照会制度とは

各生命保険会社が加盟する一般社団法人生命保険協会に対して、どの保険会社でご契約をされているかを照会できる制度です。

これまで、東日本大震災(2011年3月)以降で、災害地域地域における確実な生命保険金の支払いのため「災害地域生保契約照会制度」が設けられていました。

その制度が、令和3年7月より、照会できる対象が拡大され、『生命保険契約照会制度』として運用が開始されます。

それに伴い、照会したい対象者が、災害した時だけでなく、死亡した時・認知判断能力が低下した場合にも、どの生命保険契約にかかっているのかを確認することができるようになりました。

 

※どの生命保険でご契約をされているか分からない場合、本制度利用前にまずは下記方法でご確認することもできます。

①生命保険証券 ②生命保険会社からの通知物(郵送物)③預金通帳の口座振替履歴等(ご記帳内容)

 

2⃣ 照会できる方と照会方法等

➀照会対象者が死亡している場合の照会できる方

1、照会対象者の法定相続人

2、照会対象者の法定相続人の法定代理人または任意代理人(弁護士、司法書士等)

3、照会対象者の遺言執行人

 

➁照会対象者の認知判断能力が低下している場合の照会できる方

1、照会対象者の法定代理人又は任意後見制度に基づく任意代理人

2、照会対象者の任意代理人 注:1記載の代理人がいる場合は照会不可

3、照会対象者の3親等内の親族及びその任意代理人

 

➂照会方法

インターネットまたは郵送で可能です。(但し、災害時には電話でも可能です。)

必要書類は照会対象者と照会申請される方とのご関係にもよりますが、下記の内容が概ね必要となります。

・協会所定の照会申請に係る申請書

・死亡診断書または戸籍

・本人確認のできる身分証明書

・代理人を証明する委任状、登記事項証明書等

 

なお、被災時を除く平時では、制度利用料として3,000円(税込)の支払いが必要です。(クレジット払いまたはコンビニ払い)

 

3⃣ 一般社団法人生命保険協会(HP)のURL

一般社団法人生命保険協会【公式ホームページ】 (seiho.or.jp)

生命保険協会 生命保険契約照会制度のご案内 | 生命保険協会 (seiho.or.jp)

生命保険契約照会制度について(PDF版)

 

 

 

 

 

 

 

 

TEL無料相談アクセスPAGE TOP