広島で夫婦間贈与に関するご相談ならいわさき司法書士事務所にお任せください。

税の特例がある象用「夫婦間の贈与」

生前贈与を活用した節税対策には、110万円の基礎控除を利用することのほかに、配偶者控除という方法があります。
配偶者控除により2,000万円まで控除できます。
条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であることと、居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であることです。

このページの先頭へ