広島で相続放棄に関する相談・相続に関する事なら、いわさき司法書士事務所でご相談いただけます。

相続放棄ができる期間・相続放棄の流れ

相続放棄ができる期間

相続放棄は、相続開始を知ってから3か月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしなければなりません。
相続人が複数いる場合、一部の人だけが相続放棄することも可能ですし、全員が相続放棄というのも可能です。
ただし、「この財産は相続するけど、この財産は放棄する」というようないいとこ取りはできません。

相続放棄の必要書類

  • 相続放棄申述書
  • 亡くなった方の戸籍
  • 亡くなった方の住民票の除票
  • 相続放棄する方の戸籍
  • 郵便切手

相続放棄の流れ

  • 戸籍等、申し立てに必要な書類を収集します。
  • 家庭裁判所に相続放棄の申し立てをします。
  • 家庭裁判所から書面にて照会がありますので、これに回答します。
  • 問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理され手続きは完了です。
  • 相続放棄申述受理証明書を発行してもらいます。
このページの先頭へ